地域医療連携サービス内容

職員研修

職員の方々向けに、利用者様に合った口腔ケア法・口腔ケア用品の選び方、摂食・嚥下障害と誤嚥性肺炎とのかかわりなどについて講演を、実習も含めて行います。

また、その他の内容についてもご依頼いただければ実施いたします。

 

 

歯科定期健診

歯科医師・歯科衛生士が施設までお伺いし、口腔内状態の評価を行います。健診結果をお伝えして、治療やリハ・ケアが必要であればその後もフォローしていきます。

 

口腔ケア委員会

歯科医師・歯科衛生士と連携施設スタッフとがチームとなり、定例会や研修を実施し、口腔ケアの質的向上や効率化を図るとともに、適切な栄養評価を行い安心・安全にお口から食事ができるようサポートします。

 

摂食・嚥下機能評価

「口や舌がうまく動かない」
「食事中よくむせる」
「のどに残留感がある」
「量が食べられなくなってきた」


上記の症状のように、摂食・嚥下機能の障害が疑われる方に対して、簡易的なスクリーニング検査・VE(嚥下内視鏡検査)を行います。その結果を踏まえ、加齢に伴う食べること、飲み込むことに関しての診断、評価を適確に行い、食べる動きを回復するための訓練、食べやすい食事の形態、食べ方、介助の方法、摂食嚥下障害の予防法について指導致します

介護予防教室

白岡市の介護予防事業であり、生活機能が低下して要介護状態になる恐れが高い高齢者に対し、口腔機能向上プログラムを実施し、食べる機能の支援を行っています。
 

Shinshiraoka Oral rehabilitation-Dental Clinic 2020©All Rights Reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now